任意保険の補償内容とは?

事故を起こした相手側への補償

自動車保険には大きく強制と任意の2種類があって、後述した任意は文字通り加入の有無について自分で決める保険のことです。この任意保険には加入することで数多くの補償を受けられます。
その一つが相手側への補償で、文字通り事故を起こしてしまった相手側の怪我などに対する補償が受けられる物です。ここで挙げる相手側とはドライバーはもちろん、同乗者も対象として含まれています。ただし、相手が親や子供といった血縁関係にある場合は適用されないので注意が必要です。
相手側の補償は人以外にも、車両や店舗などの損壊に対しても適用されます。事故の影響による公共交通機関の運休、店舗の休業で発生する損害の費用もも保険から支払われるので安心です。

自分や同乗者が受けられる補償

万が一事故を起こしてしまった場合、相手側だけでなく自分や同乗者が怪我をすることもあります。しかし、前述した対人や対物補償は相手側だけが対象となっているので、自分の補償は受けることができません。そこで必要となるのが搭乗者損害、人身傷害の2種類の補償です。
搭乗者損害補償は、車を運転していた本人、同乗者の怪我の補償を受けられる文字通り自分側の安心を守る保険で、対人とは異なり対象が家族でも受けられます。人身傷害補償は契約している車だけでなく、契約車両以外の使用や歩行中など、車外での交通事故でも適用される保険です。走行中のトラブルで車を降りた時に他の車と接触した時でも補償を受けられるため、加入をすることでより安心した生活を送れるようになります。